着物で投資~アメリカ株その5~

株・投資

さて、アメリカ株を初めて7ヶ月です。

今月はVERIZONCOMMUNICATIONS株を購入しました。

高配当株を上から買っているような感じですね(^.^)

人を大事にする企業の株が伸びると、前回のブログに書いたとたんツイッターもAmazonもリストラを始めました。思った次の瞬間に行動に移す俊敏さですね。こういったアメリカ的な考え方は私は好きですが、株を選ぶ基準とは違います。

私には経営者の知識はありませんが、20年以上労働者である経験があります。ワタシ的労働者イズムで物申すと、リストラするような会社を選んだのもワタシ、リストラはジブンにとってチャンスです。転機です。次を始める機が熟したということです。

過去にこだわる時間は一切ありませんので次に進みましょう。会社を恨んではいけません。会社は生き残るために必死です。

沈む船にしがみつく必要はないということです。

昨日のワタシと今日のワタシがあまり変わっていないように思うのだけれど、時代は確実に進んでいて大きな時代の流れに乗ってジブンの未来を進めよ。と言いたい。

かつて私はリストラされたことはないけれど、会社そのものが身売りされたことがあります。ドナドナド~ナ~な気分です。さあ、沈む船か浮き上がれる船か、その最中は見当がつかずもがいていましたが(つまり仲間たちと夜な夜な居酒屋に集まってあーだこーだ言っておりました)いまだ浮かんでおります。

まあそうなったら未来を悲観して転職するもよし、しがみついて行く末をかけてみるもよし、結局はジブンが選ぶのです。

ちなみに株の選考基準は安定です(‘ω’)それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました